【不妊治療のススメ】経済的な負担をかけない方法で妊活しよう

女性

治療機関についての知識

男女の不妊の原因とは

カウンセリング

不妊の原因は男女ともにかんがえられます。そもそも不妊とは妊娠を希望して通常の性生活を送っても2年以上妊娠の成立しないものをいいます。 女性が原因の場合は、排卵していない、子宮内部の問題が考えられまし。子宮内膜症や筋腫のように検査をして明らかにわかる場合があります。 また生理の間隔、量などで無排卵を疑い基礎体温をつけたりする場合もあります。 人工妊娠や、中絶、流産などによる子宮内部の問題と色々な場合があります。 男性の場合は小児期の病気に由来することが多いようです。ヘルニアの手術、停留睾丸の手術などで精子が通る管がほそくなったり、高熱による睾丸炎で精子の数が少なかったり、作る力がなかったりの場合もあります。大人になってからは糖尿病も要注意です。

治療の費用と補助について

不妊は専門の医療機関を頼ることが一番です。 原因により治療内容も方法も多彩で高額になるからです。 そして必ず成功するものではないことも大事な要素です。 まずは原因を知ることからはじめます。男女どちらの問題化をきちんと調べてもらいます。その後がいよいよ不妊治療です。 人工授精、体外受精、タイミング法など色々あります。そして卵子や精子の保存などもすべて高額の治療になります。 医療費控除の対象にはなりますが、健康保険の高額医療にはなりません。また特定不妊治療助成金というものがあります。各自治体より金額や内容は異なりますがうれしい制度です。 近年女性の社会進出が目覚ましく、晩婚化や仕事だ落ち着いてからの妊娠を望むため、不妊治療を望む方は増えています。 年齢的にタイムリミットを考え納得した治療が望ましいと考えます。